加齢臭を即退治!~bodyのお悩みに最適アイテム~

美容

ニキビのタイプを知る

ニキビ跡を治すためには

美容

ニキビ跡には様々なタイプがあるが、その中でも特に目立つのが「赤みタイプ」である。 ニキビが治りかける、または直ると、炎症が赤みとなって表れる。ニキビ跡の種類としては赤みタイプは初期のものである。しかし、治そうとしないまま放置しておくと、色素沈着がおこる場合がある。色素沈着までに症状が進行すると、その後跡を治そうとしても非常に治りにくい。早期の対策が求められる。 赤みタイプのニキビ跡を治すために最も大切なことは、刺激を与えないことだ。気になるからといって手でむやみに跡を触るのは避けるべきである。 他の対策としては、睡眠をしっかりとること、栄養バランスのとれた食事をすること、スキンケアときちんと行うのとがある。むやみに変わった治療をするのではなく、基本に忠実なケアを行うのが良い。

治療におけるターンオーバーの重要性

ニキビ跡はどうやって消えていくのかといえば、主に肌のターンオーバーの力によるものである。日々肌は新しい組織に生まれ変わる。ニキビ跡の治療に最も必要なのは、このターンオーバーの力を高めてやることである。 ターンオーバーの期間はおおよそ一か月である。そのため、ニキビ跡の治療には長期間のスパンを頭において進める必要がある。焦ってピーリングをしたり、肌の角質を落とそうとゴシゴシこするのは、やってはならないことだ。ターンオーバーのスピードを速めようとするのではなく、質を高めることが大切なのだ。 規則正しい生活をし、肌を思いやった優しいケアをすることで、ニキビ跡は確実に改善していく。少なくとも3か月は余裕をもって様子をみることで、より綺麗な肌を得ることができる。