加齢臭を即退治!~bodyのお悩みに最適アイテム~

美容

肌の炎症を抑える

ニキビ跡ができないようにするために

美容

ニキビができると、その部分の肌が赤くなります。これは、炎症によって血液が多く流れるようになるからです。肌の他の部分よりも多くの血液が流れているので、その分赤みが目立つわけです。 その血液の流れが、炎症が治まった後にも残ることがあり、これがいわゆるニキビ跡となります。ニキビ跡ができることを防ぐためには、ニキビができている段階で、少しでも早く炎症を抑えることが大事です。炎症がひどくならなければ、血液が多く流れるようにはならず、赤みも発生しにくいのです。 したがって、ニキビができたらすぐに、抗炎症作用のある薬で治療をすることが有効と言えます。また、日頃から抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムなどが配合された基礎化粧品でケアをしておくと、ニキビ自体ができにくくなります。

赤みが残ってしまった場合には

しかし日頃からケアをしていても、すみやかに治療薬を使用したとしても、赤みのあるニキビ跡ができてしまうこともあります。そのような場合には、今度はいち早くそれを消すためのケアをすることが必要になります。対処が早ければ早いほど、赤みのあるニキビ跡はスムーズに消えてくれるのです。 まずは、肌を蘇らせるケアです。昨今ではエイジング効果のあるプラセンタやプロテオグリカンなどの基礎化粧品が多く販売されていますが、これはニキビケアにも非常に有効です。肌が若返れば、血液の流れは正常な状態に戻っていくのです。また、血液の赤い色素が肌に沈着してしまった場合でも、浅い部分ならターンオーバーによって自然に消えていきます。 深い部分に色素が沈着している場合は、クリニックでのレーザー治療により消すことができます。昨今では比較的安価でレーザー治療を受けることができるようになってきているので、ニキビ跡を消すために受診する人は増えてきています。